スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性

午前8時。改札。

凍てつくように寒い日は続き、今日も凍った車のフロントガラスに熱湯をかけてきた。
私用で名古屋方面へ向かう。

人間観察から様々なことに思いにふけることが好きだ。
今日は「女性」について考えてみる。

女性、女性、女性。

人間の半分は女性だ。朝混雑しているホームでは意識せずとも数人の女性が目に飛び込んで来る。

その中のほとんどの女性を見るたび、(好意)という日本語が思い出される。
※数年前からJR中央線を使っているが、綺麗な女性が多いと思っていた。


まえに本で読んだことがある。男性と女性の意識の違いについてだ。
それは「男性が思う恋愛対象である女性…約90%」であるのに対し、「女性が思う恋愛対象である男性…約10%」である。という事実。
このことから勘違いする男性は増えるのだし、勘違いさせる女性が悪女であるという間違った思想が生まれるのだ。


ここまで考えて、ホームの宣伝広告に目がいく。「○○産婦人科」「○○レディースクリニック」
※この文字たちにある種の嫌悪感と、恥ずかしさを感じる人もいるだろう。僕もそのひとり。

子どもを産むことの出来る女性は、男性には体験出来ない喜びと、苦痛を味わえる。母親になった女性は、精神的に次の段階にいくのであろう。

女性、女性、女性。


なんといっても、男性より長生きだ。
5年~10年は長生きではないだろうか。理由について、専門的な知識がないため、僕は確実なことは言えないが、(ストレス)が一つの原因ではないだろうかと思う。


ストレスで寿命が変わるのか?という疑問が皆さんの頭の中に浮かんだのでは、と思う。

実際、生まれつき左利きの人間は右ききの人間より、10年寿命が短いというデータがあるそうだ。

人間社会は左利きの人間仕様に作られてはいない。駅の改札、文字の書き方…皆右利きが有利につくられている。

左利きの人間にとって人間社会はストレスなのである。


男性が寿命が短いのも、ストレスの可能性が考えられないだろうか。
ストレスが何故おこるか考えてみる。


女性、女性、女性…。


思考は停止しない。思いは巡る。

しかし、これらの思考や、この長文を
書く僕の活力の根源は現実逃避とも考えられる。



なぜなら、今日は国家試験の日なのだから。

ー完ー
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
カウンタ
訪問者数
プロフィール

yuhei_takagi

Author:yuhei_takagi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。